新しいことを取り入れることと後悔につながること

バービーボーイズにはまったとおもったら去年、17年ぶりにライブをし、今年の始め頃にライブをし終わってしまっていて今度いつやるのか不明だった。でもこのナイーヴという曲は披露されなかったようだ。

http://www.youtube.com/watch?v=b7lAa5v_65I

いまことをおこなさないとあとで後悔することがけっこうあるなとおもう。アンドリューW.K.のライブもけっこういったけど、また行きたいとおもいながら
一向に日本でライブをしない。ああ、もっと行っておけばとはならなかったのは幸いだ。
久しぶりに来年4月に幕張でライブに出演するようだ。

http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/andrew/

4年半ぶりだそうだ。関東では幕張だけど狭い箱の名古屋か大阪のほうがいいなぁ。後悔しないためにも。
後悔しないためとは、歳を取るにつれてよく考えるようになってきた。新しいことをしなくなってくるけれど、新しいことをする。これが後悔しないにつながるとおもう。

また、久しぶりに本を一冊読んだ。ドラマ、セカンドバージンにはまった。2回目からみた。ピンとくるものがあったからだ。
先月の20日頃には本も発売読んだ。最後まで読んだのでドラマの結末をわかってしまったが、
ドラマを見てから本を読むよりも、本を読んでからドラマをみたほうが良かった。
なぜなら本が発売されたすぐ後の第8話目は本よりもドラマのほうが詳しくされていたからだ。
本は後半短かったが、あえてドラマの途中で発売された本を読んだ後でもドラマが楽しめるように考慮されていたとおもわれる。
あと放送は2回、心待ちにしている。
NHKオンデマンドでテレビ放送した番組が有料でネットで配信されているので偶然今日、アクセスしたら大変重かった。
12月1日から定額で番組放送後3ヶ月経った番組の見放題のサービスをはじめたかららしい。
セカンドバージンの1話目を見ようとしたがいつみれるだろうか。

クレジットカード会社から電話がきた。どうやら不正アクセスで当方のカードが使われてるらしかった。
カード番号が変更になった。なので3月の2chの●の引き落としができなくなるだろう。
また登録しなおさないと。ほとんど●ではみてないけど。
ときどき書き込めないときに●を使ってることが多い。
でもほとんど無難なことしかここ数年は書き込んではいない。なぜなら書き込みから身元がわかるとおもっているからだ。
外国人排斥主義で、龍馬伝をみる都度に徳川幕府=今の政府ならびにその他の取り巻きとみ、龍馬のような人間が出てくるのを
切望しているぐらいならまだいい。誹謗中傷は自分に返ってくる。マイナスなことを他人にするとマイナスなことが返ってくる。
他人にプラスなことをすると自分にプラスなことが返ってくる。それを考えながら生きている。
バイクで割り込みなどの違反をする。どこかでこのマイナスの行為と相殺しうるプラスの行いをしないといけない。
よし、プラスの行動がとれたぞ。プラマイエネミーゼロだ。

首吊り自殺 仙台でググルと先月、ネット配信しつつ首吊り自殺したニュースが読める。
ニコ動でも首吊りで検索するとURLが説明文に書いてあるのでネット配信された動画が見れる。
当方は偶然、翌日ぐらいに2chで知って午前4時ぐらいにその動画をみた。
みて鬱になりそうだった。多分この午前2時?5時ぐらいの時間帯に起きているのは精神にとってもあまりよくないはずだ。
この動画を昼間にみるよりも何倍も精神的ダメージがあるはずだ。規則正しい生活こそ精神を平静に保つ秘訣であるとおもう。
これプラス、風邪のときとか以外極力、クスリを飲まない。この二つをする。
ああでも今もおもう。リアルタイムでこの自殺動画をみなくてよかったと。精神的ダメージは計り知れないに違いなかっただろう。
他殺よりか自殺のほうがはるかによいが自殺で人生の修羅を終えるのには反対である。

やはり、人間と人間との触れ合い、これなくしては精神を保つことは難しい。
つまり、クスリを飲まず規則正しい生活をし、常に人と対面し喜怒哀楽を見せ合う。
ネット社会でややもすれば飲み込まれそうなところを逆に利用し自分を見失わず天寿をまっとうする。
つらいが楽しいこの世の中。
私に勝る人がいませんが。ここでは私以上の人がいないですが。
プラスになる事実を元にした思い込みでまた明日も頑張っていく。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>