香港にまた行きたい!!

今日(2001/11/04)、ある人からの中国(いわゆる中国)土産である、
天津甘栗チョコレートを食べていて、また香港に行きたくなった。
因みに、香港で買った奴の方が美味しかった。
中国の奴は、栗のペーストからピーナツバターのような味がしたからである。

香港はどんな所か、一言で言い表すならば、次のように言うことができると思う。
「ありとあらゆる所に、
セブンイレブン
ある」
香港には、ありとあらゆる所にセブンイレブンがある。
大体100mおきくらいに存在している。
映画「恋する惑星」には
サークルK
出ていたので、
サークルKしかないのかと思っていたが、セブンイレブンしかなかった。

そして、ほとんどが小さくて中途半端である。
でもやっていけるのである。

なんというか、独特の愛嬌が私にはたまらないのである。

カテゴリー: メイ->オヂサンの主張   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>